【返品サイズ交換可】レッドウィング ジラード ブーツ メンズ レディース 靴 REDWING 9091 Girard Boot Black Cherry Featherstone

ケア用品のご購入は追加送料不要の同梱がオトク!もっと見る

オール電化 お役立ち情報

2019-09-14
カテゴリトップ>ブランド名:R>RED WING(レッドウィング)>その他のモデル | レッドウィング
靴によって大きさって違いますよね?
◆サイズ選びにお悩みの方◆
当店調べではありますがサイズ目安表をご用意しました。
ご購入の際のご参考にご利用下さい。
基準値は?(当店参考値です)
・アディダス スタンスミス
 普通/やや幅狭
・コンバース ジャックパーセル
 普通/やや幅狭
・バンズ 全般
 普通/普通
・パトリック スタジアム
 普通/やや幅狭
・グラビス ターマック
 普通/普通
・レッドウィング(Dワイズ)
 やや大きい/普通
※上記値は当店スタッフが着用した感じでの値です。サイズ選びの際の目安としてあくまでもご参考までにご活用ください。

[ ブランド ] レッドウィング RED WING
[ ジャンル ] ブーツ
[ 素  材 ] アッパー:ブラックチェリー「フェザーストーン」レザー※
      製法:グッドイヤーウェルト
      ソール:グロコードオンレザー

【モックトゥ仕様の上品ブーツ】

1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングという小さな町に一軒の靴工場が誕生する。町の名を冠したレッド・ウィング・シューカンパニーである。創業者は自らを「シュー・マン」と名乗るほど、靴に情熱を注いでいたチャールズ・ベックマン他、その思いに賛同した仲間14人。現在でも、アメリカ国内での生産にこだわり、本格的な作りに相反した控えめの値段設定などの条件が重なり、世界中のワークブーツを代表するブランドへと成長した。現在では、赤い羽根がロゴマークとして用いられている。日本では、レッドウィングジャパン (Red Wing Japan) が輸入や企画・生産などを執り行っており、アメリカのレッドウィング社とは型番やモデルが違うものとなっている。

「クラシックドレス・ライン」は、社の創業期である20世紀前半の靴をベースに、今日のレッド・ウィングの技術、素材、テイストをミックスして作られたものです。創業当時は、作業靴(ワークブーツ)やハンティングブーツでさえレザーソールのものが多く、ドレスシューズとの違いはわずかでした。そんなアメリカ開拓期の靴をベースにしている為、今日の典型的なドレスシューズとは異なる、どこかワークブーツにも通じる趣を持っているのです。『Girard』は、20世紀初頭にアメリカの開拓地で紳士靴の主流であった6インチ丈のブーツで、同じく開拓時代からのアメリカ靴の伝統であるモックトゥを持ち合わせています。
◆ワンピースモック
レッド・ウィング社では、ワークブーツ等のモカはグッドイヤーウェルトでソールを縫い付ける時と同じミシンを使用して縫いますが、この『Girard』の場合は、SINGER社のPACミシンを使用して縫われています。平らなバンプ用の革のモカとなる箇所にエンボスマシンで起伏を付け、PACミシンの3本の糸が複雑に絡み合って作られます。この製法により、同じワンピースモック(一枚革のバンプにエンボスやステッチでモカのシェープを加えるもの)のワークオックスフォードとは異なり、上品な雰囲気のモカに仕上がりました。
◆210番ラスト
靴の本質を決定するラスト(木型)は、ポストマンシューズに使われる210番ラストを使用。現在使われているレッド・ウィング社のラストの中では最もタイトなフィットで、ドレス色の濃いラストです。
◆グロコードソール&ヒール
2015年春にレッド・ウィングの新たなソールとして開発された「グロコード」を採用。元々は1920年代にリマ・コード・ソール&ヒール社がレッド・ウィング社のために開発したラバー製のソールで、コード(紐)の切れ端をラバーに混ぜて成型することで滑りを防ぎ、ワークの現場などでの靴の性能を大きく高めました。この度、グロコードソールの名を今日の市場に呼び戻すにあたり、1920年代後半に主流であったトレッドパターンを取り入れ、このソールの全盛期の雰囲気を漂わせるクラシックな靴に映えるよう、ラバーの半張りをプリセットしたレザーソールとしました。また、ソールに合わせたグロコードヒールを新たに開発、使用しています。
◆ガセット・タン
レッド・ウィング社が創業間もない頃から現在に至るまで常に継承されてきた、タンが袋状になっている仕様。他のワークブーツと比較すると浅めに設計されており、脱ぎ履きがしやすくなってます。

※「フェザーストーン」レザー(Featherstone)
厳選された最上質のハイドのみから作られるプレミアムレザー。再なめしの段階でタンニンとワックスを加えることで張りと耐久性が生まれ、アニリン系の塗料とワックスが深みのある色合いを作り出している。

【コンビニ受取対応商品】
レッドウィング/RED WING

レッドウィング | RED WING

当店はレッドウィング正規取扱店です。ご安心してショッピングをお楽しみください。
  • レッドウィングの商品画像
  • レッドウィングの商品画像
  • レッドウィングの商品画像
商品情報
[ ブランド ]レッドウィング RED WING
[ ジャンル ]ブーツ
[ 素  材 ]アッパー:ブラックチェリー「フェザーストーン」レザー※
製法:グッドイヤーウェルト
ソール:グロコードオンレザー
【モックトゥ仕様の上品ブーツ】
1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングという小さな町に一軒の靴工場が誕生する。町の名を冠したレッド・ウィング・シューカンパニーである。創業者は自らを「シュー・マン」と名乗るほど、靴に情熱を注いでいたチャールズ・ベックマン他、その思いに賛同した仲間14人。現在でも、アメリカ国内での生産にこだわり、本格的な作りに相反した控えめの値段設定などの条件が重なり、世界中のワークブーツを代表するブランドへと成長した。現在では、赤い羽根がロゴマークとして用いられている。日本では、レッドウィングジャパン (Red Wing Japan) が輸入や企画・生産などを執り行っており、アメリカのレッドウィング社とは型番やモデルが違うものとなっている。

「クラシックドレス・ライン」は、社の創業期である20世紀前半の靴をベースに、今日のレッド・ウィングの技術、素材、テイストをミックスして作られたものです。創業当時は、作業靴(ワークブーツ)やハンティングブーツでさえレザーソールのものが多く、ドレスシューズとの違いはわずかでした。そんなアメリカ開拓期の靴をベースにしている為、今日の典型的なドレスシューズとは異なる、どこかワークブーツにも通じる趣を持っているのです。『Girard』は、20世紀初頭にアメリカの開拓地で紳士靴の主流であった6インチ丈のブーツで、同じく開拓時代からのアメリカ靴の伝統であるモックトゥを持ち合わせています。
◆ワンピースモック
レッド・ウィング社では、ワークブーツ等のモカはグッドイヤーウェルトでソールを縫い付ける時と同じミシンを使用して縫いますが、この『Girard』の場合は、SINGER社のPACミシンを使用して縫われています。平らなバンプ用の革のモカとなる箇所にエンボスマシンで起伏を付け、PACミシンの3本の糸が複雑に絡み合って作られます。この製法により、同じワンピースモック(一枚革のバンプにエンボスやステッチでモカのシェープを加えるもの)のワークオックスフォードとは異なり、上品な雰囲気のモカに仕上がりました。
◆210番ラスト
靴の本質を決定するラスト(木型)は、ポストマンシューズに使われる210番ラストを使用。現在使われているレッド・ウィング社のラストの中では最もタイトなフィットで、ドレス色の濃いラストです。
◆グロコードソール&ヒール
2015年春にレッド・ウィングの新たなソールとして開発された「グロコード」を採用。元々は1920年代にリマ・コード・ソール&ヒール社がレッド・ウィング社のために開発したラバー製のソールで、コード(紐)の切れ端をラバーに混ぜて成型することで滑りを防ぎ、ワークの現場などでの靴の性能を大きく高めました。この度、グロコードソールの名を今日の市場に呼び戻すにあたり、1920年代後半に主流であったトレッドパターンを取り入れ、このソールの全盛期の雰囲気を漂わせるクラシックな靴に映えるよう、ラバーの半張りをプリセットしたレザーソールとしました。また、ソールに合わせたグロコードヒールを新たに開発、使用しています。
◆ガセット・タン
レッド・ウィング社が創業間もない頃から現在に至るまで常に継承されてきた、タンが袋状になっている仕様。他のワークブーツと比較すると浅めに設計されており、脱ぎ履きがしやすくなってます。

※「フェザーストーン」レザー(Featherstone)
厳選された最上質のハイドのみから作られるプレミアムレザー。再なめしの段階でタンニンとワックスを加えることで張りと耐久性が生まれ、アニリン系の塗料とワックスが深みのある色合いを作り出している。
※在庫の管理には万全を期しておりますが、実店舗との在庫共有や仕入先様在庫状況の変化により売り違いが発生してしまう場合もございます。誠に恐れ入りますがご理解の上ご了承下さい。

レッドウィングをお探しならこちらもおすすめ

レビューで500円クーポンプレゼント/日本正規品 送料無料 redwing レッドウィング



HOME 会社案内 業務案内 プライバシーポリシー


東本電気株式会社
石川県小松市蓑輪町ロ27-4番地
TEL (0761)44-2488   FAX (0761)44-2490